櫻居書庫

Views: 1141

櫻居惠の小説置き場です。

プロフィール

小説はこちら

BL小説はこちら

メッセージはこちらからどうぞ!

ご注意とお願い

私「櫻居惠(読み及び別表記:さくらいめぐみ)」が作成したあらゆる作品の無断使用を禁止いたします。ただし、著作権法等によって認められている場合を除きます。

無断使用には、商用・非商用・有償・無償を問わずインターネット上へのアップロードや、第三者へ提供することを含みます。

法律上許されている場合を除き、AI等の学習資料としての利用 お断りします。
また、各AI等の利用規約も熟読してください。

個人使用については、著作権法の範囲内でお願いします。

二次創作については、作品名と原作が「櫻居惠(さくらいめぐみ)」であることを明記してください。小説に登場するキャラクターイメージイラストを描く場合も同様です。

小説

ひとしれずこそ

雨が止む頃

Euphorbia ~ユーフォルビア~

彼女に文字が読めるワケ

短編小説集

BL小説

BL小説集 短編集

EVENT

イベント参加情報です。

2023/05/28 「Booknook vol.2」(終了しました)

2023/2/25~26 「#創作BLオンリー関係性自論2」(終了しました)

2022/10/30 「ドットテキスト」(終了しました)

2022/6/4~6/5 「男と男の巨大感情」(終了しました)


その他

自作語り

更新履歴

新着記事

エピローグ
蝉が鳴いている。  俺たちは、相変わらずコンビニの前のガードレールに座っていた。  ソーダ味のアイスキャンディーが溶けて、手がべたべたになっているし、日差しを浴びた首筋がヒリヒリもしている。 「あー、皮が剥けかかってるな」  悠翔がアイスキ...
15 これからの話
体育祭は最後の競技、全クラス対抗の大縄跳びが始まった。  一年生から順に校庭の中央に集まって回数を競う。 「集合!」  二年生の部が終わる頃、彦田が声をあげて、クラス全員を集めた。二重の円陣を組み、手を重ねる。誰かの手の上に置いた夏由の手の...
14 話をしよう
夏由は障害物走を、かろうじて最下位にならずに終えた。  席に戻る前に購買部が出している売店に立ち寄る。 「アイスボックスふたつと、オレンジジュース。時城は」  割り込んできた声に、夏由はハッと顔を向けた。悠翔が小銭を出している。 「リンゴジ...
13 体育祭
校内模試が終わった。夏由はそれなりに手応えを感じたが、結果が分かるのはひと月後だ。なんとはなしにそわそわした雰囲気の中で、体育祭の練習が始まった。運動が得意ではない夏由は、全員参加であるクラス対抗の大縄跳びで足を引っ張らないか不安だった。去...
12 受験生
個別指導という形式が夏由には合っていたのだろう。まずは自分で問題を解く。それに対して解説がある。教室で授業を受けるだけでは、出来ていないところを把握すること無く、漫然と話を聞き、結局分からないままになっていただろうと夏由は思った。  予備校...

最近更新したページ

義兄との話
BL掌編小説集
エピローグ

・2023/02/22
  無料配布ページを追加しました。

・2023/01/09
  イベント関連ページを更新

・2023/01/09
  『ひとしれずこそ』第一章番外編「むかしはものを」公開しました

・2022/10/09
  『雨が止む頃』完結しました!

・2022/8/29
  【ご注意とお願い】を追記

・2022/04/14
  リンク集を作成

・2022/02/21 
  更新履歴ページを作成
  イベントページ「男と男の巨大感情」を更新
  イベントページ「ドットテキスト」を公開
  「雨が止む頃」第1話先行公開


リンク集

サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました