読書

小説

太宰治「走れメロス」(集英社文庫)

収録作品 小説とエッセイの狭間 「燈籠」 「おしゃれ童子」 「新樹の言葉」 「上手い」としかいいようがない 何度でも、何作でも読みたくなる作家 収録作品 燈籠 満願 富岳百景 葉桜と魔笛 新樹の言葉 おしゃれ童子 駆込み訴え 走れ...
読書感想文

筆子「1週間で8割捨てる技術」

捨てるにも技術が必要 注目した3つの技術 15分のセッションで捨てる作業を区切る。 物の表面を綺麗にする。 ワン・イン・ワン・アウト。 まとめ:捨てなければ減らない 捨てるにも技術が必要 物を減らして、ミニマリストのような暮らしがし...
小説

北方謙三「水滸伝 十五 折戟の章」

北方版の水滸伝との出会い 北京大名府を占拠 楊令と張平 まとめ:生きる姿 北方版の水滸伝との出会い 北方謙三版の水滸伝を最初に読んだのは大学生のとき。当時は十巻まで読むか読まないかで止めてしまいました。 面白いとは思い...
タイトルとURLをコピーしました