読書読書感想文読書感想文

ハンチバック

Views: 2

文學界5月号
著・市川 沙央

全体的に、もう少し詳しい説明が欲しい作品だった。医療機器の名称を出されても馴染みがなく、その部分で引っかかってしまった。

登場人物に共感も感情移入もできず、呪詛の言葉を吐かれているような不快感もあった。
にもかかわらず、投げ出したいとは思わず、ぐんぐん読み進めていった。

ラストがよく分からなかったが、選者も同じように思っていたようだ。

5月号「ハンチバック」
著・市川 沙央

全体的に、もう少し詳しい説明が欲しい作品だった。医療機器の名称を出されても馴染みがなく、その部分で引っかかってしまった。

登場人物に共感も感情移入もできず、呪詛の言葉を吐かれているような不快感もあった。
にもかかわらず、投げ出したいとは思わず、ぐんぐん読み進めていった。

ラストがよく分からなかったが、選者も同じように思っていたようだ。

タイトルとURLをコピーしました